これからのITをリードする、ウェアラブルって何?

これからのITをリードする市場と言われている、ウェアラブルって何?どの様な事を言うのだろう?なんとなくは分かっているけど、正確には分からない。ですね!

ウィキペディアによると、常にコンピュータを身につける意味がある応用技術とあります。

コンピュータを着用するだけでは、十分に小さなコンピュータを持ち歩くのと大差はない。

常に身につけている特徴を生かした応用技術が必要である。

大きくわけて3つの利用方法が提案されている。

1つは利用者に対するリアルタイムの情報提供。

2つ目は利用者の状態の記録。

3つ目は外部のコンピュータとの連携である。

利用者に対するリアルタイムの情報提供の例としては、道案内、顔の画像認識による人についてのメモ、周辺情報などがある。

利用者の状態の記録の例としては、行動記録、健康管理など。

外部のコンピュータとの連携によって、ワークステーションの環境を目の前にいる利用者にあわせて切り替えたり、建物内のどこに誰がいるのかを監視するシステムなど。

とあります。

要するに、今までのコンピュータ技術と、その人の持つ個人情報を常に連動させて、これからのAI(人口知能)と共に、腕やメガネ、コンタクトレンズ、と形を変え、身に装着する形のコンピュータシステムの事を言うんですね。

では、現在のウェアラブルの商品では、どの様な事が出来るのででしょうか。

ざっと、この様な感じです。

歩数 移動距離 消費カロリー 睡眠計 心拍計

でも、血圧まで計れる物はなかなか無い様子ですね。

wor(l)d社のウェアラブルは血圧も計れます!

正に最先端ですね、しかもその他の計測システムが続々と発表になる様子です。

当HPより登録されました方は、

当HPと同等の自分のページの開設やノウハウをご提供致します。

お気軽にご連絡下さい。→info@world-international-japan.com

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA